ABBA VOYAGE チケット売り上げ好調で「世界ツアー」の予感!?

ベニーは、デジタルコンサート『Voyage』のチケットがすでに38万枚売れていることを明らかにし、世界ツアーへの期待を語りました。


ベニーは、現在のチケット販売により、ABBAのスターたちのABBAターが演奏するデジタルコンサートは少なくとも数カ月は続けられると語った。

ABBAターによるショーは、木曜日にロンドンのクイーン・エリザベス・オリンピック・パーク(ストラトフォード)にある3000人収容の専用アリーナでプレビュー公演として幕を開けました。

このショーについてVariety誌に語ったベニーは、チケットが大量に売れたにもかかわらず、このユニークなレジデンシーを米国で開催することを検討する前に、まだもっとチケットを売る必要があると述べた。

「これはまず足元を固めなければなりません。どれだけ魅力的なものなのかを見極めなければならない」と説明した。

「38万枚ほどのチケットが売れたので、2〜3ヶ月はいいとして、もっとチケットが売れるかどうかを見なければなりません」。

ベニーは、ロンドンがこのレジデンシーのオープニングにふさわしい場所だと感じていると語り、アメリカのプロモーターがこのショーを見て、ラスベガスの観客に通用するかどうか確認すると明かしました。

この没入型コンサートは、現在2023年5月まで予約を受け付けており、ロンドンでの長期公演の後、世界ツアーに向かうと予想されている。

ベニーは、木曜日にバンドメンバーのアグネタ、ビヨルン、フリーダと再会してデジタルショーを鑑賞し、最後のカーテンコールでステージに上がりました。

バンドメンバーのABBAター(ABBAtarsとして知られている)が1970年代の銀色のスパンコールのついたアンサンブルを着てステージに登場し、95分間の不気味なほどリアルなステージでバンドのナンバーワンヒット曲を披露しました。

ABBAは、金曜日に一般公開される没入型デジタルコンサートの費用を賄うために1億4千万ポンドを回収する必要があることが明らかになった後、チケット販売に関するベニーのコメントが発表されました。

派手な技術に巨額を投じてショーを作り上げた後、バンドは企業スポンサーを敬遠し、スウェーデンのOceanbird社と独占的に仕事をしています。

ベニーの息子で、このプロジェクトの音楽プロデューサーを務めるLudvig Anderssonは、テレグラフ紙に、「とても高価なものなので、これまでどのバンドもバーチャル・パフォーマンスを試みなかった」と語っています。

また「多くの人に来てもらい、非常に長い時間見てもらう必要があります」と彼は付け加えました。

この95分間のハイテク・コンサートは、ポップグループの4人のメンバーがモーションキャプチャ・スーツに身を包み、パフォーマンスを事前に録画して作られた。

声と動きは本物のカルテットですが、3,000人収容の会場のステージ上のパフォーマーはデジタルABBAターで、きらびやかなスパンコールのアンサンブルで1970年代の全盛期のABBAを見事に表現しています。

このリアルなABBAターは、スターウォーズの監督ジョージ・ルーカスが設立した特殊効果会社、インダストリアル・ライト&マジックのモーションキャプチャーなどの技術を使って制作されたものです。

5週間にわたり、160台のカメラと85人のスタッフでバンドの動きを記録し、それを参考にアバターを作成しました。

そして、4つのスタジオで1,000人の特殊効果パイオニアが10億時間もの計算時間を費やして、ABBA Voyageを完成させたのです。

コンサートでは、ABBAターが6500万画素のスクリーンに登場し、照明やその他の効果によって未来的な2Dのパフォーマンスが展開され、10人編成のバンドを従えてよりリアルに演出されました。

プレビュー公演の後、レジデンスは金曜日に一般公開され、批評家たちはこの技術が「リアル」で、ホログラム・ショーの「お化け」的な感じを回避していると賞賛しました。

デイリー・メール紙のエイドリアン・スリルは、2023年5月まで開催されるこのショーに4つ星評価を与え、ABBAターの「リアルな」外観を賞賛しました。

このショーを「他にはないコンサート」と表現した彼は、「昨夜のABBAのロンドンでのバーチャルレジデンスのオープニングショーに立ち会えた幸運な人たちにとって、結論はひとつしかなかった」と書いています。「『なんてこった(マンマ・ミーア)』。私たちはあなたに逆らうことができるだろうか?」

しかし、彼はABBAター主導のコンサートの避けられない欠点を指摘し、通常のライブパフォーマンスで見られるような観客との交流や自発的な瞬間がありえないことを認めています。

「演出は間違いなく壮大だったが、どんなバーチャルなショーにも生来の欠点がある」と結論付けています。

また、ガーディアン紙のアレクシス・ペトリディスは、不気味なほどリアルなABBAターが本物であると認識しないことはほとんど「不可能」であると述べ、同様に熱狂的な批評をしました。

このショーに絶賛の5つ星を与え、「(ABBAターの)効果は本当にあっと言わせるものだ」と書いています。「ステージ上の4人の人物を見ていると、人間を見ているのではないと思うほどだ。時折、ステージ両脇の巨大スクリーンに映し出されるビデオゲームの不気味の谷を感じるが、常に人間サイズのABBAターに注意が向いている」。

6,710平方メートルの劇場では週に8回の公演が行われ、360度の没入感が得られるため、ファンはスーパースターの再現を間近に見ることができます。

このショーでは、デジタルバンドが「ノウイング・ミー、ノウイング・ユー」「悲しきフェルナンド」「マンマ・ミーア」などのヒット曲を披露し、本物のABBAがスタンドから見守る中、ライブを行ないました。

会場のあるイースト・ロンドンにちなんで、ベニーの「ABBAター」がピアノでEastEndersのテーマを演奏し、彼らの曲「SOS」の演奏をスタートさせました。

また、「チキチータ」では、ゆっくりと日食していく巨大な太陽を背景に演奏しました。

キラキラしたドレスにカウボーイブーツ、デニムのジャンプスーツ、ネオンカラーの未来的な宇宙服など、何度も衣装替えをしたバンド。

「恋のウォータールー」では、1974年のユーロビジョン・ソング・コンテストでイギリスの審査員が0点をつけたことを、ビヨルンが冗談交じりに回想していた。

バンドは「ザ・ウィナー」で締めくくり、本物のABBAはショーのディレクターとプロデューサーに囲まれてステージに上がり、大きな歓声と拍手に包まれながら抱き合いました。

公演に先立ち、ビヨルンは『Voyage』がABBAの最後のアルバムになると明かし、4人組がアリーナの中から自分たちのコンサートに対するファンの反応をこっそり見ていた「感情的になった」瞬間について語りました。

ザ・サン紙の取材に対し、ビヨルンは「もうABBAの音楽はないと思うんだ。あれは間違いなく僕らのラストアルバムだと思うんだ」
「とてもエモーショナルな時があるんだ。生身のミュージシャンと一緒にステージで見る等身大のABBAターは、自分をつねらなければならないほどだ。私でさえ、彼らが本当にそこにいるような気がするんだ」。

ビヨルンは、ABBAターが演奏する曲を選ぶのが難しかったと説明し、「時間はかかったけど、最終的にはいいダイナミズムを持ったものにたどり着いたよ」と語っています。でも、もしツアーに出ていたら、このようなものを演奏していただろうね」と語っています。

Mirror誌のインタビューでは、バンドメンバーのベニー、フリーダ、アグネタあと一緒に初めてコンサートを観たときの「感動的な」瞬間についても詳しく語っており、彼らは密かにファンに交じってライブに参加していたそうです。

ビヨルンはこう告白しています。「僕たちは暗闇の奥の方に座っていたから、誰にも見られなかったんだ。僕にとっても、観に来てくれている家族にとっても、特別な瞬間だった」
「多くの人は、私がステージに立つのを見たことがないほど幼い。控えめに言っても、とても感情的なものだった」。

そして、オーストラリアの「A Current Affair」のインタビューで、ビヨルンはデジタルショーのことを予告しました。「それは我々が持っているビジョンで、音楽の世界では誰も経験したことのないような体験をすることだ」

「初日の夜に観客席に座って、これを見たり、自分たちを見たりするのは…奇妙で素晴らしいものになるだろうね」と付け加えました。

ポップのパイオニアは1983年に活動停止しましたが、今年初めに再結成し、9枚目のスタジオアルバム『Voyage』を録音し、没入型のデジタルステージショーの計画を発表した。

しかし、バンドメンバーのベニーとビヨルンは、この再結成は一回限りだと主張しており、11月に39年ぶりにリリースされた最新アルバム『Voyage』以降、バンドが音楽を録音することはなさそうだ。

1974年のユーロビジョン・ソング・コンテストでヒット曲「恋のウォータールー」を歌って優勝し、有名になった。

その後、「マンマ・ミーア」「ダンシング・クイーン」「テイク・ア・チャンス」「サンキュー・フォー・ザ・ミュージック」などの楽曲を発表し、音楽業界から姿を消した。

4人組は以前、世界的に大きな人気を博し、50年間で4億枚以上のアルバムセールスを達成したにもかかわらず、自分たちは決して再結成しないと語っていました。

ABBA(ウォータールー・グループ)はキャリアの絶頂期にそれぞれの道を歩み、晩年にはビヨルンがバンド仲間のアグネタと離婚し、ベニーとフリーダも別れている。

2016年、ソングライターのビヨルンとベニーが初めて出会ってから50周年を記念したプライベート・イベントで、数十年ぶりに共演を果たしている。

https://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-10860439/ABBAs-Benny-Andersson-reveals-Voyage-digital-concert-residency-sold-380-000-tickets.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。