Super Trouper: ABBA Arenaは世界最大の脱着式仮設会場です!!

エンターテインメント建築家Stufishが、伝説の音楽グループのロンドン公演を収容する仮設構造物「ABBA Arena」を制作。

ABBA Arenaは、伝説の音楽グループがロンドンで開催する革新的なショー『ABBA Voyage』のために新たにオープンした施設です。ロンドン東部にあるDLRのPudding Mill Lane駅近くに設置された、木材で覆われた六角形の不思議な構造体は、建築家Stufishの専門知識によって作られたロンドンの全く新しいパフォーマンス空間です。BeyonceとJay-Zのツアー「On The Run II」など、印象的な舞台装置のデザインを手がけたStufishは、このエンターテイメント建築を、同社にとって5番目、中国国外では初めてのグランドアップ新築建築として企画しました。

この建物は「内側から外側へ」デザインされたと、建築家は説明します。外側のボリュームは、その中で行なわれるショーの要件、つまりステージ、セットデザイン、観客のニーズ(1,650席と1,350人の立ち見客用のスペースがあります)から直接生まれた形状です。同時に、プレハブ式で取り外し可能なため、ショーの終了後(現在の場所での使用期限は5年)、解体して別の場所にシームレスに移動させることができます。

ポータブルな会場であるABBA Arenaは、物理的な世界とデジタルが融合して新しいジャンルの体験を物理的な世界で作り出す、将来のショーの標準となるでしょう」と、Stufish社のCEO Ray Winkler氏は語っています。Stufish社のパートナーであるAlicia Tkacz氏は、「このユニークなプロジェクトは、建築とエンターテインメントの完璧な融合を実現し、これまでにない素晴らしい没入感を観客に提供することを可能にしました」と付け加えています。

ABBAアリーナは、印象的な音楽体験を提供するだけでなく、エンジニアリングの面でも同様に印象的な偉業です。基礎への荷重を最小限に抑えるため、可能な限り軽量になるよう最適化されており、高度な構造マジックのおかげでクリアなルーフスパンが可能になっています。この半軸対称のスチール製ドームの重量は約744トンで、建設業者のES Global社によって地上でプレハブ化された後、基礎の上に吊り上げられたのです。

現在では、持続可能な木材で覆われ、『ABBA』のサインがLEDでバテンを通して輝き、ゲストを招き入れ、音楽とパフォーマンスのための楽しいビーコンのように光り輝いています。一方、Stage Oneが建設した、外側に広がるシェルター付きのコンコースエリアは来場者を保護し、このユニークなロンドンの会場で、機能性とスペクタクルが両立していることを保証しています。

https://www.wallpaper.com/architecture/abba-arena-stufish-london-uk

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。