みどりの日・スターウォーズデー・ラムネの日「今日は何の日・5月4日」

5月4日火曜日・祝日

皆様おはようございます。自粛していますか?検温していますか?

今日は「みどりの日」「スターウォーズデー」「ラムネの日」です。

まず「みどりの日」について。

「みどりの⽇」は「⾃然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな⼼をはぐくむ」事を⽬的として制定されている国⺠の祝⽇となっています。
現在は5⽉4⽇が「みどりの⽇」となっていますが、元々は4⽉29⽇が「みどりの⽇」でした。
4⽉29⽇は昭和天皇の誕⽣⽇であることから祝⽇となっていましたが、昭和天皇が崩御した事をきっかけにして、昭和天皇が⽣物学者であり⾃然を愛したことから4⽉29⽇は「みどりの⽇」となっていました。
その後は2007年より4⽉29⽇が昭和の⽇となったことから、「みどりの⽇」は5⽉4⽇に移動されることとなりました。
ゴールデンウィークを構成するために制定されている祝⽇なので、祝⽇がお休みの⼈にとっては何とも有難い⽇ですよね。
「みどりの⽇」には植物園や公園に出かけるなど、⾝近にある⾃然を楽しむ⽇にしてみてはいかがでしょうか︖

チューリップの⽣産国として有名な国といえばオランダですよね。
オランダではチューリップを国花として指定しているほどです。
そんなオランダでは歴史上でチューリップの球根の価格が異常なまでに⾼騰した後に暴落するという、チューリップ・バブルと呼ばれる現象がありました。
チューリップ・バブルと呼ばれるは現象は1637年に発⽣しました。
チューリップは短期間に⽣産することが出来ないという理由で品薄になりがちでした。
そのため、チューリップの球根については先物取引されていたのです。
⾦儲けのためにチューリップに⽬をつけた投資家によってチューリップは買い占められてしまったため、価格が⼀気に⾼騰する事態が発⽣しました。
時には家畜や⾷糧、または⼯場などの⼟地などとチューリップの球根が交換されたという話もあります。
しかし、チューリップの価格が⼀気に下落したため、チューリップ・バブルは崩壊し終了を迎えることとなりました。

⽇本⼈にも愛されているバラですが、実は中世ヨーロッパのころにはバラの栽培が禁⽌されていた時期があったって知っていましたか︖
現在でもそうですが、当時のヨーロッパでもバラはとても神聖なものであり、⾚いバラはキリストの⾎、⽩いバラは聖⺟マリアの象徴とされていたのです。
そのため中世ヨーロッパでは⼀般庶⺠によるバラの栽培は禁⽌されていたのです。
バラの栽培は修道院のみ栽培が許可されており、神様に捧げる薬草とするためのものでした。
バラの栽培が許可された際にはバラが⼀気に普及することとなりました。
⼀般庶⺠にとってバラという植物は神聖なものであり、憧れの花だったんでしょうね。

*仕事で街に出ると人で溢れていますね。みんな「自粛」していませんね。コロナは果たしていつまで続くのでしょうか?

次に「スターウォーズデー」について。

なぜ5⽉4⽇が「スターウォーズデー」なのかというと、劇中の台詞である「May the Force bewith you」(フォースと共にあらんことを)の「May 4th」にかけたことが由来となっています。
⽇本のみならず世界中にはたくさんのスターウォーズのファンがいて、2017年現在でも続編を⼼待ちにしている⼈も多いのではないでしょうか︖
そんな⼤⼈気のスターウォーズですが、「スターウォーズデー」はよりたくさんの⼈にもっとスターウォーズの魅⼒について知ってもらうことが⽬的となっています。
「スターウォーズデー」はウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社によって制定されました。
ファンの間では5⽉4⽇はスターウォーズという映画の⽂化を祝って、スターウォーズを讃える⽇となっているそうです。
いまだに衰え知らずの⼈気のあるスターウォーズですが、今後も⽬が放せませんね︕

スターウォーズに登場する武器にライトセーバーというものがありますよね。
物語の重要な⼈物が扱っている武器であり、スターウォーズを象徴する武器ですよね。
実はライトセーバーはもともとスターウォーズに登場する予定はなく、もともとは普通の剣を使って戦う予定だったのです。
当初は強さであったり名誉などを象徴するようななものとして、ジェダイの騎⼠には剣を持たせてようと考えていました。。
しかし、ご存じのとおりスターウォーズはSF映画なのでもっと未来を感じさせるような武器がふさわしいということになりました。
考え抜いた結果、光輝く剣であるライトセーバーが誕⽣することとなりました。
当初の予定通り剣を持たせることも出来ましたし、未来を感じる事もできるライトセーバーはスターウォーズを代表する武器となりました。

スターウォーズをあまりよく知らない⼈でもダースベイダーを知っている⼈は多いのではないでしょうか︖
主⼈公の名前よりもダースベイダーの⽅が有名かもしれないぐらいの屈指の悪役です。
その正体はルークやレイア姫の⽗親であり、スターウォーズエピソード1の主⼈公であるアナキン・スカイウォーカーなんですよね。
そんなダースベイダーといえば「コホー・・・コホー・・・」と特徴的な呼吸⾳のするマスクを⾝につけています。
実はあのマスクのモデルは伊達政宗の鎧兜だったって知っていましたか︖
「STAR WARS−THE MAGIC OF MYTH」というタイトルの本が発売されていますが、そこにはスターウォーズの設定を考える際のヒントが書かれているのですが、ダースベイダーのマスクの設定は伊達政宗の鎧兜からヒントを得たという事が記載されているんです。
実際にアメリカの映画関係者から伊達政宗の甲冑が保管されている博物館に伊達政宗の甲冑の写真が欲しいと依頼されたこともあったそうです。

*皆様は「スターウォーズ」お好きですか?ウルトラマンや仮面ライダーと同じで今でも続いているのは凄いことですね。

最後に「ラムネの日」について。

なぜ5⽉4⽇が「ラムネの⽇」なのかというと、1872年5⽉4⽇に東京の実業家・千葉勝五郎が、ラムネの製造販売の許可を取得したことが由来となっています。
ラムネの製造⽅法については中国⼈の⽔製造技師を雇って学びました。
実は千葉勝五郎よりも以前にレモン⽔を製造した⼈物が存在していて、1865年に藤瀬半兵衛という⼈物が⽇本で最初にレモン⽔を製造したとされています。
しかし、藤瀬半兵衛がレモン⽔を製造して販売を始めた⽇は正確にはわかっていないため、販売を始めた⽇付が正確にわかっている千葉勝五郎が⽇本で初めてレモン⽔を製造販売した⼈物だとされています。
レモン⽔はレモネードと呼ばれており、これがなまって伝わってラムネと呼ばれるようになりました。
ラムネの製造販売が開始された当初には「ジンジンビヤ」とも呼ばれることがあったようです。

今ではあまり⾒かけなくなってしまいましたが、ラムネといえばガラスで出来た瓶に⼊っており、その中にはガラス⽟が⼊っていますよね。
あのガラス⽟はビー⽟だと思われがちですが、実はビー⽟ではなく「エー⽟」なのです。
ラムネに⼊っているガラス⽟は炭酸の圧⼒で⼊⼝を塞ぐ役割を担っています。
つまりは炭酸が抜けないようにするための蓋のため、奇麗な円形のガラス⽟にしないと炭酸やラムネが間から漏れてしまいます。
そして、ラムネに⼊れるためのガラス⽟として基準を満たしたものについてがエー⽟と呼ばれるものになり、基準に不合格になったものをビー⽟としていました。
ラムネに使うことのできなかったビー⽟を捨ててしまう事ももったいないため、駄菓⼦屋などで販売されることとなったため、⼀般的にガラス⽟といえばビー⽟という名前で知られるようになったのでした。

眠気覚ましに摂取するものといえばカフェインだとされていますよね。
カフェインが豊富に含まれているコーヒーはよく眠気覚ましに飲まれています。
しかしカフェインの摂取は⾝体に負担になってしまったり、そもそもコーヒーの苦みが苦⼿な⼈っていますよね。
そこで眠気覚ましとして使えるのがラムネ菓⼦なんです。
眠くなってしまう原因は脳や⾝体が活動するために必要なブドウ糖が不⾜していることにあります。
そこで眠気覚ましのためにブドウ糖を摂取するのですが、なんとラムネ菓⼦の原材料の90%がブドウ糖で出来ているのです。
ラムネ菓⼦はブドウ糖を補給するためにはうってつけの⾷べ物なんです。
カロリーについてもそんなに⾼くないですが、1本⾷べきるというよりは1回に10粒ほど⾷べていけば⼗分にブドウ糖が補給されるそうです。

*小さい頃「瓶のラムネ」は飲みましたが、今は「プラスチックのラムネ」なんですよね。味はどうなのでしょうか?

本日「みどりの日」も宜しくお願いいたします。

2020年3月29日夕方『新コロナは中国が意図的に作った菌』と書いたら『5,000本』あった記事を全部消されましたので『ゼロ』からID(アドレス)を作り直しました。『私のブログに登録』してくださった皆様には大変ご迷惑をおかけしました。改めてよろしくお願い申し上げます。

『3・11』の時『東日本震災の真実』を書いた時もブログ1,000本を民主党政権に抹殺されました。

これからも負けずに書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

*今日の記念日は他にもあります。

Copyright © STARDUST PROMOTION, INC.All rights reserved.

Copyright © Rintaro Higashiyama.Mamechishiki. All Rights Reserved.

フェイスブック版:https://www.facebook.com/seijibunka

アメーバ版: https://ameblo.jp/higashiyamarintaro/

東山凛太朗特集:https://fika.cinra.net/article/201808-abba

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です