コロナが終焉したら『マンマ・ミーア!』の撮影場所に行ってみよう!!

『マンマ・ミーア!』は、豪華なキャストが揃っていても、ABBAのキャッチーなビートがなければ、感動的な高揚感と足を叩くような曲で、愛されるミュージカルにはなりません。また、『マンマ・ミーア!』は、ギリシャの架空の島であるカロカイリ島という豪華で趣のある舞台なしには成り立ちません。

鮮やかなターコイズブルーの海と牧歌的な古い白い石造りの建物を背景に、若い恋人のソフィ(アマンダ・セイフライド)は、スカイ(ドミニク・クーパー)との結婚式に父親に来てもらおうと考えています。唯一の問題は?彼女の母親であるドナ(メリル・ストリープ)は、カロカイリに来たばかりの頃に3人の男性と寝たため、どの男性が父親なのかわからないのだ。ソフィは、3人の男性(ステラン・スカルスゴード、コリン・ファース、ピアース・ブロスナン)を島に招待し、歌と踊りの大騒ぎを繰り広げます。このような緑豊かな場所を観客が訪れたくなるのは間違いありません。

岩壁の上に教会があるこの島は、ギリシャ本土の地中海沿岸にあり、実際に訪れることができます。

『マンマ・ミーア!』のほとんどは、エーゲ海に浮かぶギリシャのスコペロス島で撮影されました。カロカイリ島と同様、スコペロス島も小さな島で、フェリーで海岸まで行く以外に行く方法はありません。映画が公開されるまでは、この島にはあまり観光客が訪れなかった。映画『マンマ・ミーア!』公開の少し前にThe Telegraphに寄稿したポール・マンスフィールドは、「島の収入のほとんどは農業によるもので、観光客を呼び込むために自ら転んでいるわけではない」と書いている。スモモ、洋ナシ、アーモンド、イチジク、オリーブなどの食材が育ち、古い教会も点在する緑豊かな島です。

2007年9月には、『マンマ・ミーア!』のキャストとスタッフが6週間にわたって島で撮影を行ないました。スカイとソフィが愛を誓い合う小さな湾のカスタニビーチや、アギオス・イオアニス・カストリ教会へと続く断崖絶壁の急な階段などで撮影が行なわれました。この教会はかなり小さいため、結婚式のシーンでは外側だけが撮影され、内側はイギリスのスタジオで撮影されたとMirrorは伝えています。

スコペロス島は、映画の公開前はあまり観光地化されていませんでしたが、その後、『マンマ・ミーア!』ファンの『聖地』となっています。地元のホテルオーナーであるMary Diamantis氏がMirrorに語ったところによると、映画が公開されて以来、年間150件以上の結婚式が行なわれているとのことです。彼女によると、観光客が求めているのは『マンマ・ミーア!』をテーマにしたアトラクションではなく、映画で観た美しい島の姿なのだそうです。

2018年の続編『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』では、スコペロス島には戻らず、クロアチアのヴィス島で撮影が行なわれました。

コロナが終焉したら是非、皆様も一度!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。