チャップリンデー・ボーイズビーアンビシャスデー・トロの日「今日は何の日・4月16日」

4月16日土曜日

皆様おはようございます。うがい、手洗い、消毒を欠かさずになさっていますか?検温しましたか?

今日は「チャップリンデー」「ボーイズビーアンビシャスデー」「トロの日」です。

まず「チャップリンデー」から。

なぜ4月16日が「チャップリンデー」なのかというと、1889年4月16日に20世紀最大の映画作家・喜劇俳優であるチャールズ・チャップリンがイギリスで生まれた事に由来しています。
チャップリンといえば口ひげにだぼだぼとしたズボン、どた靴、ステッキに山高帽という独特の服装をしていましたよね!
あの格好で社会を風刺することによって世界的な人気者となりました。
「モダン・タイムス」や「ライムライト」など数々の名作を世に生み出しました。
コメディ映画を数多く作ったことから「喜劇王」という異名を持っていて、同年代に活躍していたバスター・キートンやハロルド・ロイドと並んで「世界の三大喜劇王」とされています。
今でもチャップリンの熱狂的なファンは数多く残っていますが、「チャップリンデー」を機会にしてチャップリンの作品を楽しんでみてはいかがでしょうか?

喜劇王として人気者のチャップリンでしたが、実は彼の事をよく思わない人物もおり、日本で暗殺が計画されていたという噂があります。
チャップリンが初めて日本を訪れたのは1932年の5月14日のことでした。
歴史に詳しい人ならもうお分かりかもしれませんが、歴史的な事件である五・一五事件の前日ですね。
五・一五・事件によって当時の内閣総理大臣だった犬養毅が暗殺されてしまったわけですが、この暗殺ターゲットにチャップリンも含まれていたのでした。
事件を起こした将校からは「日本に退廃文化を流した人物」として見られていたそうです。
実際に5月15日には犬養毅と面会する予定も入っていましたが、チャップリンは相撲見たさにこの面会をキャンセルしました。
事件発生当時はチャップリンは相撲観戦後の散歩を楽しんでいたそうで、相撲によって暗殺を免れていたのでした。

実はチャップリンは街で行なわれていたチャップリンのモノマネ大会に出場したことがあるんです。
当時はチャップリンの映画がヒットした影響でチャップリンのモノマネが流行した結果、各地でモノマネ大会が開催されていました。
チャップリンは自分の正体を隠して、サンフランシスコの劇場で開かれた大会にお忍びで参加しました。
その結果、なんと本人であるのにも関わらず2位という成績に終わり、モノマネに負けてしまったのです。
この日は映画で見せている衣装とは違う衣装を着ていたことと、メイクもしていなかったことからチャップリン本人とは気付かれなかったそうです。
自身のモノマネ大会に参加して2位に終わるなんて、実にコメディアンらしく面白いエピソードですよね。

*「チャップリン」が生きていたら今のロシアの「ウクライナイジメ」をどのように風刺したでしょうか?

次に「ボーイズビーアンビシャスデー」について。

なぜ4月16日が「ボーイズビーアンビシャスデー」なのかというと、現在の北海道大学農学部である札幌農学校の基礎を築いた人物であるクラーク博士が、「Boys,be ambitious.(少年よ、大 志を抱け)」という有名な言葉を残して北海道を去ったことが由来となっています。
そもそもクラーク博士がどういう人物だったかをご存じですか?
クラーク博士はアメリカ合衆国の教育者であり、化学や植物学、動物学の教師をしていた人物です。
札幌農学校では自然科学について教鞭をとっており、学生たちには聖書を配ってキリスト教の布教活動も行なっていました。
明治時代が始まった当時は欧米の先進技術や学問、制度を輸入するために「お雇い外国人」を雇用していましたが、クラーク博士もそのうちの一人として雇用されていました。
日本政府の要請を受けて来日して札幌農学校の教頭として約1年ほどの時間を日本で過ごしました。

クラーク博士といえば先ほど説明したとおり「ボーイズビーアンビシャス」つまり「少年よ大志を抱け!」と言ったことで有名ですよね。
しかし、実はこの言葉は省略されていて続きがあったとされています。
省略される前は「Boys,be ambitious like this old man」と発言したとされています。
日本語にすると「少年よ、この老人のように大志を抱け」となります。
つまり「こんな老人でも夢を持って頑張っているのだから君たちも頑張れよ!」と激励を送る言 葉だったということです。
なぜ後半部分が省略されてしまったのかというと、当時は軍国主義教の時代だったため「この老 人のように」といった弱い表現は省略され、「少年よ、大志を抱け!」と力強い言葉となるように都合よく解釈されたのだと考えられています。

学生たちに力強い言葉を残したように、当然クラーク博士も大きな大志を抱いていたのでしょう。
しかし、アメリカに帰国してからのクラーク博士は順風満帆というわけにはいかず、むしろ大志は実らなかったといえます。
帰国後はマサチューセッツ農科大学を3年で辞職しました。
その後「洋上大学構想」という世界中を船で旅をしながら教育するという壮大な構想をしましたが、実際に生徒を募集したところその斬新な発想についていけなかったのか、あまり入学希望者が現れなかったそうです。
結果として「洋上大学構想」は計画倒れに終わりました。
また、カリフォルニアがゴールドラッシュに沸いていたことから「スター・グローブ銀鉱山会社」を設立しましたが、会社を設立してから2年後には銀の価格が暴落したことにより会社は倒産、多額の負債を抱えることになってしまいました。
その後、心臓病を患ったクラーク博士は59歳という年齢でこの世を去ることとなり、大志を抱いたものの実らせることなく生涯を閉じることとなりました。

*皆様は恩師の言葉で「感動した一言」はありますか?

最後に「トロの日」について。

なぜ毎月16日が「トロの日」なのかというと、16日という日付が「トロ(16)」という語呂合わせであることが由来となっています。
「トロの日」については神奈川県横浜市に本社があるカッパ・クリエイト株式会社によって制定された記念日となります。
カッパ・クリエイト株式会社と聞いてもあまりピンとこないかもしれませんが、有名な回転寿司チェーンである「かっぱ寿司」の運営会社といえばわかりやすいですよね。
なぜ「トロの日」を制定したのかというと、人気食材であるトロをお客様に喜んでもらい、かっぱ寿司の各店舗や寿司業界を盛り上げることが目的となっています。
過去には16日限定で中とろが一皿無料で食べられるというサービスが行なわれたこともあったそうです。
寿司を食べるとそこそこお金が掛かってしまいますし、普段からあまり積極的にトロを食べられる機会ってほとんどないですよね。
毎月16日の「トロの日」ぐらいは少し贅沢をして、お寿司屋でトロを食べてその味を楽しんでみるのも良いかもしれませんね。

現在では贅沢品となっているマグロのトロの部分ですが、昔はトロよりも赤身の方が人気だったのです。
日本の食生活は明治維新以降になると一気に変わり、戦後には脂っこいものを好んで食べるようになりました。
しかし、江戸時代のころには基本的に脂っこいものを好んで食べる食生活がなかったことから、サッパリとした赤身の方が好んで食べられていたのです。
また、味だけではなくトロよりも赤身の方が鮮やかな色合いをしているため、その見た目の美しさも赤身が人気だった理由の一つでした。
基本的にトロは売り物にはなりませんでしたが、魚屋は処理に困ったトロの部分を寿司屋に卸すようになり、握りのネタの一つとして使うようになりました。
その後、日本人の食生活の変化などによってトロは人気になっていき、たくさん取れる部位ではないことから希少価値が上がっていったのでした。

お寿司ではキュウリの海苔巻のことを「キュウリ巻き」と呼ばずに、なぜか「カッパ巻き」と呼びますよね。
これはカッパの大好物がキュウリであるという伝説が由来となっているからなんですね。
夏になると様々なお祭りがおこなわれていますが、お供え物としてキュウリが供えられているのを見かける機会があります。
お祭りで神社にお供えされているキュウリは実はカッパに対するお供えものであり、水害がある地域では水神の化身と考えられているカッパに大好物のキュウリをお供えするのです。
それでは、なぜカッパの大好物がキュウリだと考えられるようになったのかというと、キュウリの切り口がカッパの頭に見えることが由来だとされています。
今度お寿司を食べる機会があったら、今回紹介した寿司の雑学をぜひ披露してみてくださいね。

*皆様は「トロ」お好きですか?僕は個人的には「赤身」の方が好きです。

週末もよろしくお願いいたします。

★東山凛太朗オフィシャルサイトグランドオープン!!

https://higashiyamarintaro.net/

2020年3月29日夕方『新コロナは中国が意図的に作った菌』と書いたら『5,000本』あった記事を全部消されましたので『ゼロ』からID(アドレス)を作り直しました。『私のブログに登録』してくださった皆様には大変ご迷惑をおかけしました。改めてよろしくお願い申し上げます。

『3・11』の時『東日本震災の真実』を書いた時もブログ10,000本を民主党政権に抹殺されました。

これからも負けずに書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

*今日の記念日は他にもあります。

Copyright © STARDUST PROMOTION, INC.All rights reserved.

Copyright © Rintaro Higashiyama.Mamechishiki. All Rights Reserved.

フェイスブック版:https://www.facebook.com/seijibunka

アメーバ版: https://ameblo.jp/higashiyamarintaro/

東山凛太朗特集:https://fika.cinra.net/article/201808-abba

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。