パンデミックでもウエストエンドの劇場は非常に健全『マンマ・ミーア!』のクリエイター語る!!

ジュディ・クレーマーは、演劇とチャリティへの貢献によりCBEを授与された後、スピーチを行ないました。

ミュージカル『マンマ・ミーア!』の制作者が、ウェストエンドの劇場は「非常に健全であると感じている」と語り、新たな新コロナ株を含むパンデミックの課題に対処するために努力していると述べました。

ジュディ・クレイマー氏(64歳)は、ABBAのミュージカルを映画化して大ヒットした作品や、その続編『マンマ・ミーア!』も手がけているプロデューサーです。『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』も担当したプロデューサーのジュディ・クレイマー氏(64歳)は、演劇とチャリティへの貢献が認められ、CBEを授与された後にスピーチを行ないました。

クレイマー氏は、今回の受賞を「光栄に思います」としながらも、「劇場が閉まっていたので、ほろ苦い気持ちでした」「この1年半は、すべて劇場の再オープンのためにありました。劇場が再びオープンし、『マンマ・ミーア!』が復活したことは素晴らしいことです」。

彼女は、ウィンザー城で行われた式典で、英国王室から名誉ある賞を授与されました。

新コロナ新種株から業界が直面する可能性のある課題について、彼女は次のように述べています。「私たちは考えることをやめません。全員がテストを受けています。すべてがとても安全です」「私たちは状況に合わせて行動するしかありませんが、ウエストエンドが非常に健全であることはとても良いことです」「『マンマ・ミーア!』は、ウェストエンドや英国の経済において、輸出品として非常に大きな役割を果たしてきました」「この賞は、ロンドン、イギリス、そして世界中でこの作品に携わってきた大家族と分かち合えるものです」と述べています。

クレイマーさんは現在『マンマ・ミーア!』の他に”ロック・チック・スーパースター “シェールの人生を映画化することに取り組んでいます。

彼女は、75歳の歌手は「インスピレーション」であり、尊敬する強い女性の一人であると語っています。

そうです、その歌手とはシェールのことです。

シェールは、『マンマ・ミーア!』の続編に出演していますが、今回のCBEは、乳がん研究財団やターゲット・オーバリアン・キャンサーとのチャリティ活動も評価されたものであることが重要だと述べています。

彼女は次のように述べています。「『マンマ・ミーア!』に参加したことで、私が情熱を感じている慈善団体を支援することができました。『マンマ・ミーア!』は強い女性を描いています。『マンマ・ミーア!』は強い女性を描いた作品であり、主演女優がいることから、これらの病気と闘う2つのチャリティを支援できたことは素晴らしいことです」。

https://www.standard.co.uk/news/uk/west-end-cher-abba-omicron-princess-royal-b969494.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。