U2がビヨルンとベニーの前で「ダンシング・クイーン」を披露した日!

U2がビヨルンとベニーの前で「ダンシング・クイーン」を披露した日!

ABBAは先月初め、『ザ・ヴィジターズ』以来となるニューアルバムをレコーディングするために再結成したことを発表し、長年の噂を裏付ける結果となりました。「1983年の春に活動を休止していましたが、そろそろ終わりにしようと決めました」とグループは声明で述べています。「アルバムから40年以上も待つのは無謀だと言われていますが、私たちは『ザ・ヴィジターズ』の続編をレコーディングしました。私たちは単に『Voyage』と呼んでいますが、まさに未知の海を航海しているようなものです」。

ABBAはツアーを行なう予定はありませんが、インダストリアル・ライト&マジック社と協力して、来年ロンドンのアリーナ・レジデンシーで「デジタル・パフォーマンス」を行ないます。具体的な内容はまだ発表されていませんが、ショーにはアグネタ、ビヨルン、ベニー、フリーダのデジタル・ABBAターが登場し、10人編成の生バンドとともに演奏される予定です。「40年前に作られたコンサートに参加してください」「古いものと新しいもの、若いものとそうでないものが融合したコンサートです。私たち4人が再び一緒になったコンサートです」。

ABBAは、1986年にマネージャーのスティッグ・アンダーソンを称えるためにテレビで『Tivedshambo』を演奏して以来、実際に一緒に演奏することはありませんでした。ABBAは、1986年にマネージャーのスティッグ・アンダーソンを追悼するためにテレビで『Tivedshambo』を演奏して以来、直接会って演奏することはありませんでした。2009年にベニーが『Rolling Stone』誌に語ったところによると、「やりたくなかったので、交渉に入ることすら考えたことがなかった」とのこと。「私たちがやったことでABBAのことを本当に好きになってくれた人たちには、私たちが出ないことで好意を持ってもらえていると思うわ。私たちは皆、同じことを感じています。あまりにも長い時間が経ってしまったからね。理由はありません。再結成するバンドを私は理解できません。経済的な理由であれ、再びステージに立つという楽しみであれ、必ず理由があるはずです。私たちにはそれがありません」。

ベニーとビヨルンは、1992年6月11日、ストックホルムで行なわれたU2のコンサートに予告なしに現れ、バンドと一緒に「ダンシング・クイーン」を演奏したという珍しい例外がありました。このビデオを見ればわかるように、何が起きているのかを知った観客は完全に狂喜乱舞した。これは『ウェインズ・ワールド』が公開されてからわずか数カ月後のことで、ボノは曲の最後に、ウェインとガース風に彼らに頭を下げて、「We’re not worthy.」と言ってみせた。

フリーダとアグネタが参加していれば、もっと記憶に残るものになっただろうが、彼らはABBAを活動停止して以来、非常に控えめな活動を続けており、昔の栄光を再現することには興味がないようだ。今回のABBAの再結成は、昔のヒット曲を生で演奏しているところを見ることができないので、ファンが望んでいたものとは違うが、彼らが作ったものは基本的に次善の策である。これが成功すれば、ピンク・フロイド、レッド・ツェッペリン、NSyncなどが、実際に会場に来なくてもファンを過去に送ることができる同様のショーを開催することが容易に想像できます。

*かつてU2のボノは「ABBAは21世紀になって最初に消えるバンドだ」など他多数、ABBAを冒涜しましたが、『マンマ・ミーア!』でABBAが再燃すると、過去に言ったABBAへの暴言を謝罪するために、ビヨルンとベニーを自分たちのコンサートに招待し、「ダンシング・クイーン」を披露したわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です